ワクチン接種&コロナ腕!?Report

高齢者の方々の接種がスタートし、勤務していた会社のオフィスもその接種会場に提供しはじめた2021/6月。私たちはまだ、もう少し先かな、と思っていましたが、6月中旬、居住している区から、64歳以下も対象としますと接種券が送付されてきました。

その数日後、5月からすでに実施されていた、自衛隊さんが運営されている大手町の大規模接種会場で、接種券を持つ18歳以上の人はだれでも、予約を可能にするとニュース。おお、それなら早そうだなと、早速予約。

PCからの予約システムは、少々 つっこみどころ満載のユーザビリティ設計 でしたが、無事6/28(日)までの予約枠に滑り込み(それ以降は、これまで受け済みの、2回め接種予約が優先とのこと)

… つっこみどころ(もう素敵に改善されてるかもね。期待!): 大手町では同じ会場ですが、いくつかの名前 A〜 で選択するようになってます。ひとつのところで「予約いっぱいです」と出てしまっても、別の会場へ切り替えボタンがなくて再入力が面倒ですが、あきらめずに別のアルファベット会場を選択してトライしてみてね。 

ワクチン1回め 接種

お昼の時間がとれたので、ばっさりとお仕事は休暇をとって、本当に久々に電車に乗りました。東京駅からシャトルバスも用意いただいているようですが、地下鉄で竹橋へ。

ホームに降りたときから、「大規模接種センターはこちら」と、そこここに案内板。迷いようがない。改札をでると、誘導の人も辻辻にたっていてくれて、もう、迷いようがない。ありがたいですね。

こちらが大手町合同庁舎。 入り際に写真とっていいかなとキョロキョロしたら、「どうぞどうぞ、撮ってください!」とニッコリいただきました(中は許可ある人以外は撮影禁止)。
受付は、まず建物の外に建てられたプレハブで。私たちは夫婦ふたりで行ったのですが、その場合は受付も同じ窓口で、ふたりまとめて行われます。混雑しないようにかしら、渡されるクリアファイルが 緑、赤、青、黄と分かれていて、それごとに誘導されます。

建物の中にはいって、エレベータに乗るときは、「みなさん、壁に向かって立つ」コロナ対策ばっちりです。

問診をうけ、いよいよ注射。あっという間。腕にパッチを貼ってもらって、すぐに2回めの接種日予約。もう結構いっぱいで、私たちのときには、空きは1日のみ一択でした。

予約がとれていることを示すメモを見せると、最後のお部屋で、15分ほどの経過観察。ワクチンの説明ビデオのあと、そろそろ出る時間かなという時に始まったのが 「振子 愛衣(ふりこ まない)」スポーツシリーズ!? 高齢者からの接種推進だったので、警視庁が滑り込ませたかな(^^)

当日・翌日・1週間後

当日は、「激しい運動は控えてくださいね。あと、過度のアルコールも」とのこと。約1年つづけている毎日Runningも、大丈夫 朝済ませ済みなので、おとなしく。これもほぼ毎日摂取しているスパークリング・ワインなども、偉い子でこの日はノンアルコールといたしました。

翌日も、ちょっと注射した腕が、パンパンっと筋肉が張ったような感じ程度で、熱もでず、問題なく過ごすこと一週間。それが、ちょうど1週間目の夕方、「なんか、痒い。虫刺され?」とキンカンを塗る。

左上の写真がそれ。だんだんと赤くなって、めちゃくちゃ痒い。そういえば、接種会場の廊下に「COVID Arm(コロナ腕)」と貼ってあって、ちらりと見てはいたので検索してみたら、モデルナワクチンで、0.8%程度でるものらしい。遅延型皮膚反応で、まあ、アレルギー反応の一種。ツベルクリン反応みたいなものと。しかし、とにかく痒い。腕をもぎとりたいくらい。

もう、アイシングしてキンキンに冷やして紛らわせるしかない! そんなのが、2日間 でしたが、その後はケロリと引きました。2回めの接種の副反応は、1回めよりも少しきついとのことで、少し緊張…  

ワクチン2回め <追記>

1ヶ月後、同じ場所で2回めの接種。同じようにスムーズに、でも月末夕方なので、少し混雑待ち時間あり。

「1回目のあと、どうでしたか?」と問診。赤いコロナ腕になって、死ぬほど痒かったですというと、お気の毒にという優しい表情で、でも確信もった感じで「今度も、出る かもしれません」と。あ〜あ

  • その日の夜: 腕がぱーんと張る感じ、現る。はじまり、はじまり
  • 翌朝: 注射したとこが少し痛い。頭も軽く痛い。でも平熱
  • 7時 朝食前: すこし頭がが〜ん。あたまをもたせかけてた鉄棒を、叩かれたみたいな感じ。
  • 掃除もできて、でもだんだん、、、 38度超える

氷嚢、アイスクリーム、飲み物、体温計、そしてスマホを身近において、ごろんとカウチで #tokyo2020見まくる。YouTubeで藤井風さんを聞きまくる。これもよきよき、なんて、思っていたのも午前中まで。


午後はふ〜ふ〜。頑張って 起きていられたのは、陸上100m男子予選くらい。なんども氷嚢の氷を取り替え、ふ〜ふ〜。

いつまで続くのかな〜と、不安になりましたが、おかげさまで翌朝には平熱にもどり、昨日はなにかありましたか?ってな具合。ただ、熱がさがったら、腕が少し赤く、まえのコロナ腕っぽく、ぽ〜っとあったかく、ほの痒くなってきた。1週間後はどうなる? ま、なんとか乗り切れるでしょう。

・・・実はこの日、元気だったので夕方ちょっと走ったら、、、夜にまた38度超え。すぐ下がりましたが、2日間は静かにすべし、でした(反省追記)

しかし、このワクチンって、毎年必要? 毎年 この思い? う〜ん そう考えるとちょっと、萎える…
(ブースター接種 という3回めの注射で、少し効果持続期間が長くなるらしい?けど)

第二王子も接種完了 <追記>


大学院生の彼も、大学で(職域)一斉接種、8月中に完了しました。39度まで熱があがり、やはり若い筋肉は入ってきたワクチンに戦い、頑張って挑んじゃったか。

ところが、びっくりの報道が … 「異物混入」

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4345562.html

混入が見つかったロットではないけど、一番したの「同じ製造工程でつくられた」というのと、彼の接種記録ロット番号 大当たり! … 宝くじじゃないんだから(・o・)
まあ、溶け出すような異物じゃないといいけど。
バイアルに移してチェックしてるだろうから、注射には入っていないと、思うけどね。経過観察いたしましょ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。