隠岐の島ウルトラ★レインボーREACH!

2013年の第9回大会から、今年で6回め。7回完走するとレインボーホルダーの称号、そこまであと2つ。ここで途切れたら… 50過ぎて始めた挑戦、体力・胃袋力・脚力 衰えあるし… この弱気が、一番の衰えよね。いかんいかん。

結果、 途中 特に60km過ぎから、もうだめ、動けない、フラフラ側溝におちそう、、、状態で、1km12分超え当たり前。振り返っても、よくぞ完走できたものです


 雨の隠岐の島ウルトラ前日


大会前日、雨とともに風が強い予報。波が3mを超えると、レインボージェット高速艇は欠航になってしまうので、どきどき。次のフェリーになると、前夜祭に間に合わないかも、でした。 伊丹からの飛行機は欠航となり、毎年 元気いっぱいのMCさんは、臨時バスとフェリーで必死でかけつけてくださったとか。 無事に元気にSTART送り出してもらいました。あの声が無いと、ね! なのです

小雨もあがり、涼しい。今年は少し 楽?
… 実際は、、、 甘かった

日が挿したり、と思ったら、ゲリラ豪雨のような雨が降ったり。そして、すごい向かい風。身体もちょっと寒い、と感じるほど。 そんな中でも、いつものようにありがたい応援・応援。

スイカに塩、かけてもらってよく、サロマ湖ウルトラでいただきましたが、レモンの砂糖漬けに「藻塩」、これはスペシャル、新しい味わい。「買って帰ります!」と叫んだら、この笑顔でPRいただきました♪


 復活! 焼き肉 & Beerエイド


昨年 第13回大会では、隠岐牛の生育が悪いと、ビールエイドだったここ、46km 五箇 遠藤牧場さん。ありがとうございます!!!

長時間滞在 つわものランナーの姿も多し
お肉の旨味が たまりません

塩を多めに振っていただいて、焼き上がった焼き肉、元気でまくり。
ビールもありがたく、もちろんいただきます。

このあと、48kmのレスとステーション入る前に、また土砂降り。

無限に食べられそうな、甘い甘いオレンジと、毎年大人気だけど、トライしたことなかったカレーもいただき、GARMIN充電と雨宿り兼ねて、25分ほど休んでしまいました。

2人で走るも、走力が違うので、上り坂はお先に行ってもらい、頂上・トンネルあたりで待ってもらう、を繰り返してました。しかし、フラフラ〜となってても、せな♪ 聞こえてくると、不思議とあのペースで、手足が動きます

せなさん達、休憩にはいるところを、「もう少しで、妻 あがってきますので、どうぞ続けて!」とお願いいただいたとか。 もっと駆け上がっていくべし、だったな。

『乗ってたまるか収容バスなんて~♪』

ゴール
長かった〜 14時間20分36秒

ゴール後、池田町長さんと「6回」のポーズで3人で写真。
午後いっぱいゴールでお迎えも、大変でしたね、お疲れ様でした。
「真っ黒になっちゃうのよ〜」と。

町長さん。翌日はびしっとスーツで船のお見送り

来年も是非走ってね、7回のポーズも練習しておきますからと言っていただき。私ひとりでは、やはり危ない。もう一度、一緒に長時間走り、つきあっていただきましょう。

完走メダル 隠岐の島#14

 大会 どんどん進化


前日のエントリーで受け取ったゼッケン。前後でサイズが異なると。
おっ!すごい! 前につけるゼッケン下部には、関門情報と高低図、▼でトイレの位置まで。「次の関門は、あとどれくらい?」と走りながら、確認できる。
これは便利!!!

ゼッケンに関門・高低・トイレの位置も

 美味しかった 隠岐の島への旅2019


境港
お食事どころ「かいがん」@境港水産物卸売市場 ちかく

前夜祭は、やっぱりいつもの感激。久しぶり再会のRUN友さんたちや、川内Family、せなライブに「おきの〜し〜ましま♪」応援。最高です。隠岐の誉も

前夜祭 南蛮漬け
アジの南蛮漬け@前夜祭
隠岐の誉
ウルトラランナーは、前夜もがっつり、呑みます

来年は、いよいよ レインボーチャレンジ。体調を整え、こころを鍛え、お酒を控え(無理…) いくぞ〜!!!

大会開催: 2019/6/19(日)

翌週のサロマと2週連続100km 2016年大会参加
隠岐の島ワースト 制限5分前に駆け込んだ 2017年大会参加
飛騨高山からの翌週 ボストンマラソン3人衆^_^ 2018年大会参加

—– これまで参戦した 大会一覧はこちら

参考になったらポチリ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です