エアーズロック登山

 年間で登山口があくのは、30%程度の確率とのこと。閉まる理由は、風が強い/気温が高い/雷・雨の予報あり/救助が入ってる/祭事が行われている など。

9月10日にメルボルンから入り、1泊だけの私達には、翌朝 7時前にサンライズを見たあとのワンチャンス。登山口に向かうと、おっ 登ってますね、人。やった〜

看板には、「ウルルに登らないで」と書いてあります。でもすみません、敬意を払いながら、登らせていただきますm(_ _)m

 

本日のAAT Kingsツアーのお兄さんが説明します。

  • 50mほど登ったら、後ろを振り向いてください。
    度胸試しの坂です。ここで少しでも怖いと思ったら、
    <そこが心の頂上>。無理せず下りてくださいね
  • 山岳ガイドはいないので、At your own RISK。
    最大斜度は46度です。
    万一、怪我や下りられない、となったら、自分で tripleゼロ(000)に電話してレスキュー要請してください。アリススプリングスから飛んできますので、一人あたり 税込み 1,050万円かかります

ってね。

 

 度胸試しの坂

軍手を装着して、いざ。
最初こそ、こんな感じで歩いてますが、さすが一枚岩。結構すべるし、どんどん傾斜がきつくなる。ここですでに斜度40度 ですからね… 

この最初の区間、鎖もなく、いきなり怖い。というか、『帰りはここを降りるのか。下りれるか、自分…』という感じ

 

ところどころ、岩の取っ掛かり(写真地面の、うすい段差みたいなの)を掴みながら、四つん這いになるように50m登る。ここで腰をおろして、水を飲み、しばし、考える。やめる? いや続行。

 

 鎖場 足元注意

この先、岩に打ち込んである鎖チェーンを掴んで登ります。少しホッとする、けど、傾斜はさらにきつくなり

 

500m 続きます。上腕筋肉痛必至。

鎖は低く垂れているので、持って登ると屈んだような格好になり、う〜 腰が痛い。

自分ひとりでもビクついてるのに、3−4歳のブロンドの子ども二人を、手を引いて登っているお父さんとかいて、びっくり。

 

 さらに1km

鎖場が終わると、傾斜はゆるくなるものの、小刻みなアップダウンが続きます。ここからは、白線に沿ってあるく。

なんとなく、白線からは絶対に、はずれちゃいけない気分になる。みんなもそうなので、白線周辺の岩は、つるつるしてる気もする。

前を歩く赤パンツは、我が次男くん。ひょいひょいと軽快に登っていく。足腰の強さか、トレランシューズのおかげか。

私は、履きつぶしたRUNシューズで、靴底はつるっつる。
後悔Ω\ζ°)チーン

 

たいら、かと思いきや、うねうねとした壁がつづきます。這い上がるのがやっとの所もあり、また下りは腰をおとしてしまうと、す〜っと滑ってしまい、ヒヤヒヤ。

ちょっと、私はここまでにしようかな、と弱気になる。いや、もう一度、登ることは無いから、もうちょっと。

しっかし、すごい風。ちょっと気をぬくと飛ばされそう。ごーごー。 てっぺんは、まだか〜 

 

 

 頂上!

見回して、第二王子がいないな。。。どこまで行っちゃったんだろう… と足元見たら、ぐふふ

 
あまりに風が強いので、シェルターに退避 しとられました。寝ちゃってる?
 
 
 
ドラム缶のような記念碑がありました。やはり、ここまで来て良かった。達成感半端ないです。
 
 
 
地球は丸い、ですね。ほんと。みはるかす大地。
でも、風強いし、帰り道心配だし、で、写真とるのもそこそこに、下山に頭がいっぱいのわたし。
 
 
ただ、登りきってコツが掴めたのか、滑らないお尻・足の使い方もマスターできたか、不思議と下りは思っていたほど、難儀せず、2時間ほどで行って帰ってこれました。
 
 
3人とも無事だったので、総額 3,150万円のレスキュー費用が浮いた、ということで、つもり貯金します(^^)
 
途中からGPSつけたので一部ですが、コースはこんな感じです
 
 
φ(..)メモ /持ち物
  • 軍手。鎖を握って身体を支えますので
  • 水。冬でも何度か(安定する場所で)飲みました
  • 9月では不要=虫除けネット。いませんでした、ハエ
  • 靴=滑りにくいものを是非
 
 
 
 
 

 

 —–   2018/9/11 訪問    日程表はこちら☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です