オルヴィエート/散策 楽しい丘上都市

フィレンツェから列車で2時間ちょい、ローマからは1.5時間のオルヴィエート。駅に着いたらフニコラーレ/ケーブルカーで街へ向かう、丘の上の街です。これまた絶景との「チヴィタ・ディ・バニョレージョ」へも行こうかと思ってましたが、ゆったりと街歩きもしたい〜 と予定変更。チヴィタへ訪れるためという理由で、またオルヴィエートも行けますな。フィレンツェからローマへの移動立ち寄りに、アッシジもいいですが、ここはとてもお薦め!です。

人のあふれるフィレンツェから来ると、静けさが染みます。街の端までいくと、小さな教会の脇 テラスから、断崖絶壁の風景を眺められます。ぐるっと まわりは、様々なグリーンのカーペット。落ちるなよ!王子

こじんまりした可愛い街の中心は、やっぱり大聖堂。
300年かけて建設された、イタリア・ゴシック建築「オルヴィエートのドゥオモ」は、めずらしいボーダー柄。夕日があたると金色に輝いてました。

到着した翌日、中にはいると外見とまたちがった美しさ。

なかでも、サン・ブリツィオ礼拝堂は、埋め尽くされたフレスコ画が圧巻。シニョレッリは、第一王子大好きな、ミケランジェロの画風の先駆をなすもの、とのこと。感じます確かに。

「罪されし者を地獄へ追いやる天使(地獄)」 地獄行きを宣告された人々の中に、別れた元カノの顔も書き込んだっていうけど、ほんとかな、 


アンダーグラウンド・ツアー


地下洞窟ツアーがあるというので、参加してみました。大聖堂前にあるオフィスで申し込み(英語/イタリア語の時間を選べます) 時間に集合して、20人くらいで出発です。

1970年頃に発見された地下洞窟は、地上の街の倍ほどの広さと。まわるのはほんの一部。

オリーブオイルの製造場所や井戸など、説明をうけながら、1時間ほど。上の写真、ぽこぽこ空いた穴は、鳩の飼育部屋です。自分で朝、餌をとりにでかけ、夜はここへ帰ってくるって。掃除しやすいような工夫とか、いろいろ。へ〜


Centro Storico Orvieto


とにかく楽しい、迷路のような街歩き。趣があって、かわいいお店もいっぱいで、テンションあがります。

イノシシも出ます(^^) オリーブ・パスタ屋さん。
オルヴィエートは、ウンブリケッリという、うどんみたいなパスタが有名(ここでしか、食せない?)。トリュフも、そして美味しい白ワインも名産。

Loredana Mocio

Via Dei Magoni 7, 05018, Orvieto, Italy

オルヴィエートは、セラミック陶器も名産。

マゴニ通り(Via dei Magoni=職人通り)のお店。壁にかかったお皿たち。一目惚れ。選ぶの大変。全部欲しい…
直径45cm グリーンの大皿に決めました。飾り皿なので、「炒めたものとか、熱いものは置いちゃだめ。チョコレートぐらいなら、ね」と。 我が家ではダイニングテーブル横の壁に、どど〜んと掛けております。

また絶対に、買い付けに行きたい!ので、Googleストリートビューで位置 貼っておきます↓

食べ物も美味しいし、ぜひ宿泊しての旅程を!

—– 2015/8/31 – 9/1 訪問 日程表はこちら☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です