ウルトラ大会翌日!縄文杉トレッキング

屋久島ウルトラ100km大会には、エントリー時にオプションで、翌日のツアーがついてくる。20km以上 歩く脚が残っているのか、不明だけど、もちろん申し込み。

屋久島ウルトラの実行委員長は、屋久島公認ガイドでウルトラ・ランナーでもある、御調 伸一郎さん。なので、OPツアーも、遠方から参加の私たちランナーの心配ごとを、がっつりサポート。

(トロッコ道8kmちょい+山道2.5km)
これを往復。ファイト〜


 いたれり・つくせり


  • 大会エントリー後、12月上旬に、一緒にトレッキングツアーに参加したいお仲間メンバー/ツアー後の送り先など、アンケート調査いただき、班分け
  • 朝・昼のお弁当は、宿で用意いただける
  • 夜明け前、各宿までお迎え、スーツケースなど荷物は、帰り利用の空港まで届けてくれてる。
  • トレッキングシューズなど、レンタルは大会推奨の2軒紹介。返却は事務局がやってくれる! わたしたちは、ナカガワスポーツさん
  • レンタル、前日は大会で一日走っているので、2泊3日借りるわけですが、「1泊2日料金」でおまけに割引適用!

行程はこんなでした。

4:25 a.m.宿へお迎え
5:30 a.m.荒川登山口 待合所で、朝食お弁当&トイレ
6:00 a.m.準備体操して、トロッコ道をずんずん
●小杉谷小・中学校あと
●白谷雲水峡への分岐点通過
●三本杉: 3代にわたって更新が行われた杉。更新=株に株がのっかって
●大株歩道入り口=トロッコ道の終点。ベンチで休憩・トイレ
勾配ありあり山登り開始
●翁杉
●ウィルソン株
●大王杉
●夫婦杉。ここからやっと世界遺産
●縄文杉
少し戻って お昼ごはん
来た道を、がしがし戻る
16:00 p.m.荒川登山口に到着。バスで空港へ

トロッコ道から少しはずれた 大山祇神社(おおやまづみ)で、今日一日の無事とお天気を、お祈りします。


 トロッコ道には肝試しもいっぱい


日の出までは、(昨日のウルトラマラソンにつづき)ヘッドライト点灯してトロッコ道を歩きます。川をわたるところ、結構 おしりがキュッとなる感じ。

ガイドさんが、「自然にはすべて、神が宿っている=八百万。で、橋を渡るときは、下にいる神様の頭上を歩くわけ。なので、渡りますよ〜と知らせるために、2度咳払いをして行きましょう」 ぅんぅん

↑これ、かなりの高さ。ぶるっ


 苔 キラキラと瑞々しく


ウルトラOPツアーは、一組6人くらいずつで、8班あったかな。私は3班。なんと今年、「激走!UTMB」(ウルトラトレイル・デュ・モンブラン)に出場するというメンバーさんもいらして、山道にはいるとシンガリをつとめていただいたので、安心あんしん。

山道を、ほんとにトレランで走ってる人もいました(@_@) ぜいたく〜


 屋久杉とは、樹齢1000年以上


1000年経たない杉は、「小杉」ですって。

大きな木の上に、次の世代の杉が育ち=更新とよぶ、三代杉は、三千数百年で三代目が生育と。すごいなぁ。 木と木がからまって、支え合ってもいたり。

翁杉(じい、じゃなくて、おきなすぎ)は、推定2600年だった杉。2010年の静かな誰もいない朝に、登山道とは反対の方向に倒れたんだそうです。神だわね、やっぱ。

樹齢4000年! 縄文杉は写真には入りきれません。現在確認されている、最大の杉さまです。


 うっとりポイント


不思議と脚の疲れなく、というか、歩くと楽になっていく。
これぞ、アクティブレスト。走ったあとに、疲労抜きRUN or Walkですな。

おかげさまで、前日の雨大会とは打って変わって、一日晴天快適。ご褒美かな


 うふふ


帰りのトロッコ道 脇に、エメラルドグリーンの沢も見えました。
ガイドさん、「時間があれば、あそこに降りてCoffee Timeを狙ってたんだけど、また今度ね♡」って。はい! 暖かい季節もまた楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です