メドック2013: 駆け抜けたシャトー (2)

14: 18km Château PICHON-LONGUEVILLE
15: 
Château PICHON LONGUEVILLE COMTESSE DE LALANDE

街道をはさむふたつのシャトーのうち、「Château PICHON-LONGUEVILLE」で、レ・トゥーレル・ド・ロングヴィルをいただきます。なにが素敵って、グラスに注いでくれるおじさまの優しい微笑み♥ へへ。

Medoc Marathone
たっぷり注いでもらっちゃう♪

とにかく、映画みたいに美しいシャトー。広い敷地内で、バンド演奏あり、グラス片手にしばし景色を楽しみながら、一休み。RUEもそろそろ体調復活(実は前夜はおそらく発熱、夕食もとらずに唸っていた(・・;)のですが)、乾杯!


16:   Château HAUT-BAGES-LIBERAL
17:   Château FONBADET
18:   Château BELLEGRAVE
19:   Château CORDEILLAN BAGES
20: 20km Château LYNCH-BAGES
21: 21km La Rose Pauillac
22: 24km Château PONTET-CANET

Château HAUT-BAGES-LIBERAL

距離表示というよりは、「音楽が聞こえてきたぞ♪」=「給水・給ワインとして立ち寄るシャトーが近づいたな」 という感じ。音楽は、オーケストラだったり、バンドだったり、様々。そして門を入って、シャトーの中をくるりんと巡り(だいたい、ちょっとアップダウン)飲んでまたしゅっぱ~つ。これを繰り返します。バグパイプ演奏では、タイタニックのダンスシーンの音楽♬

ところで、メドックマラソンのトイレ事情・・・

スタート地点には、いくつかの(よく日本のマラソン大会でも設置されている)仮設トイレがあります。でも少ないので結構、長蛇の列。 その横の手洗い場かと思ったのが、あ〜らま 男子用トイレ。囲いも何もなく、なんだかみんなで中心むかって、ちょっと楽しそうです(^^) 私とお揃いのレイア姫(王子?)たちも、そのまんまの格好で たち◯○ん (⌒▽⌒;)

途中は、シャトーでも仮設トイレは見当たりません。気温も高くて汗をかいたので、私は走っている最中、トイレに行きたくはなりませんでしたが、まわりのぶどう畑に、す〜っと入っていく人たちも。ぶどう畑は低木なので、しゃがんでしまうと人目にはつかないです。 でも、フランスの方々はわりと慣れているようで、隠れずに、道端でストン!つるん!と、潔く… のつわもの女性も。

(つづく)


 2014/4/13 記

参考になったらポチリ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です