モンサンミッシェルの朝・昼・晩

パリのアパルトマンに荷解きした翌日、1泊分の荷物だけ持って、TGV&バスに乗って、3時間くらい(だったかな)。島内に泊まって、たっぷりと時間ごとの絶景を楽しみに。

アプローチ

私たちが訪れたのは、2013年。海に囲まれる景観を取り戻すため、2009年から島への道路撤去・橋の工事が開始されていたので、車の乗り入れは制限。バス停からは歩きます。馬車は門の前まで乗り付けしてました。

朝イチでパリを出て、到着するのはお昼過ぎ。門を入ったら、まず一休み。テラスでキーンと冷えたワインとムール貝。海の雰囲気が感じられて気持ちよし。

昼のモンサンミッシェル

干潟は随分と水がひいています。

修道院のテラスからの眺めが素晴らしい。

ここサン・マロ湾の潮の満ち引きは、15mもあるとのこと。引いている時間帯には、歩くこともできる。もちろん専門のガイドさんとでないと、底なし沼 みたいになってる所もあって溺れる危険あり!禁止!だそうです。

潮の満ち引き時間は、ここでチェックできます↓
http://maree.info/52/ports-rattaches
(水位をクリックすると、時間が表示されて便利)

満潮時に海に囲まれるモンサンミッシェルは、春分・秋分頃が多くて、数年に一度の大潮では島への橋も超えて、完全に孤立する景観も、工事完了後は復活したそうです。

修道院

城塞のような、堅牢な佇まいと、内部には美しい建築 みどころいっぱい。

尖塔の上には、金の大天使ミカエル。神のメッセンジャーね

サン ピエール教会

グランリュ通りにある教会。

入り口に立っているのは、ジャンヌ・ダルク。ひっそりと落ち着いた素敵な教会です。ステンドグラスに、いろんな色のろうそくが神秘的で、とっても綺麗。

夜のモンサンミッシェル

日帰りの観光客が帰ったあと、ひっそりと静まる島。夕食後のそぞろあるきで、少し門を出てライトアップを楽しむ。絶対にモンサンミッシェルは宿泊をオススメ。

9月の日の入りは、20時を回ってからです。ミカエルも、一層 輝いてます。ずっと見飽きないので何枚も、おんなじような写真をパシャパシャ^^;

明け方のお散歩も、(この日は小雨・霧でしたが)しっとり、いい雰囲気

2015年 工事完了後は、どんな景色になってるかしら。 モンサンミッシェルがゴールのマラソン大会で、訪れてみたいな、また。

φ(..)メモ /モンサンミッシェル
  • 観光情報 https://www.ot-montsaintmichel.com/
  • 潮の満ち引きカレンダー http://maree.info/52/ports-rattaches
  • サンピエール教会 https://messes.info/lieu/50/le-mont-saint-michel/eglise-paroissiale
  •  

    —– 2013/9/12-13 訪問 日程表はこちら☆

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です