MACで年賀状/筆まめからの移行

 

 私たちふたりとも、コンピュータ企業に勤めておりまして、オフィス業務では、ずっとWindows。ですが、数年前(5,6年になりますかね)宅内は、二人の王子たちも含め、Mac book, Air, iMAC と、(何台あるのかな(^^) 全部 MACとなりました。 起動もストレスフリーだし、なんといっても「可愛いヤツ」的気持ちで使えるのがいいのですが、一点 …

年賀状ソフトが悩ましい… 

MACでの年賀状作成ソフトは、どうも 宛名職人 一択らしい。検索すると、ちょっと購買意欲が失せる書き込みも散見され。で、いつ起動しなくなっても不思議では無い、ぐいんぐいんファンの音を出しながら、熱を発しながら頑張る ThinkPadも処分せずに、1年に1回 年末年始のみ使用して筆まめで宛名印刷するということが、数年続いていました。 今年こそはと毎年、思いながらも、忙しい時期になかなか踏み切れずでした。

ですが、やっと、やっと! 脱却。 ただ、いろいろと壁にぶつかりましたので、備忘録として書いておきます。 年賀状作成って、1年に1回しかやらないので、手順も忘れちゃうしね。


 どのソフト/サービスを使うか比較


年賀状は基本、写真を使い、コメントも自作しております。はがき自体の作成は変わらず、

  • はがきデザインキット(郵便局のサービスです)で作成。これは優れものですよ。 
     公式サイト:https://yu-bin.jp/create/design_kit/

悲報::: 
はがきデザインキット 2020/3/31をもって終了::: 
来年からどうしよう・・・ また考える

筆まめからどのソフトに移して、はがき宛名印刷をするか。いや待て。

これまではメッセージ面だけ印刷発注して、宛名は自宅のプリンタで筆まめから印刷していました。クラウドの住所録にする手間が理由でしたが、どうせ住所録を移すのであれば、「宛名まで印刷してもらえばいいわけよね」 トナーもいらないし。

候補としては、富士フイルム、ウェブポ、ネットで年賀状、郵便局 に絞って比較です。

 富士フイルムウェブポネットで年賀状日本郵便
自分でデザイン
…テンプレート
 以外

作成画像取込み可
(自分でデザイン
店頭であれば、
手書き+手書き
レイアウトも可
◯ツール有り
写真+挨拶文

作成画像取り込み可
(全面写真)
◯デザインキット
ツール秀逸
サンプル注文
サービス
◯1枚
(写真仕様で)
◎複数枚 可能
(普通紙で)
印刷品質富士フイルム印画紙 可能
(富士フイルム)
印画紙 可能
(富士フイルム)
印画紙 可能
宛名印刷33円/枚無料無料基本料金1,100円
+ 枚数×31円
写真にはNG?
投函代行◯ ¥0◯ ¥0◯ ¥0
受付期間年内配達
12/29まで
年末〜1/3
無休対応
12/27まで
納期
(写真)
5営業日
特急だと追加
¥1,080
2営業日2営業日5営業日
住所録住所録マスタ住所録
600件
グループ管理可能
宛名帳
グループ管理可能
スマホアプリ版のみ
マイ住所録
3,000件
住所録登録
インポート
エクスポート
インポート◯
エクスポート◯
宛名スキャン可
インポート◯
エクスポート◯
宛名スキャン可
インポート◯
エクスポート✕
インポート◯
エクスポート◯
料金
(2019.12更新)
消費税も変わりまして
・基本料金 ¥1,100
・プリント ¥49/枚
・はがき ¥63/枚
・送料 ¥0
・宛名印刷 ¥32/枚
・基本 ¥0
・プリント¥110/枚
50枚以上 ¥88
100枚以上 ¥77
・はがき ¥63/枚
・宛名印刷 ¥0

自宅送付は
¥330〜¥660
・基本 ¥0
・プリント¥110/枚
30枚以上 ¥88
50枚以上 ¥77
・はがき ¥63/枚
・宛名印刷 ¥0

自宅送付は
¥390〜¥810
・プリント
細かい枚数
値段表あり
(むずい...)
250枚+はがき代
印画紙/宛名印刷
投函代行の場合
合計金額
¥37,350¥35,000

LINE登録で
大口割引あり?
¥35,000¥40,289

謎!その1

写真クオリティの印画紙モードは、結局どれも「富士フイルム」ですが、本家、富士フイルムで頼むと、配送まで1週間、他のサービスだと数日で出荷とは、こわいかに(^^) 注)特急翌日出荷モードもありますが有料なのよね ¥1,080
ただし、色など画像補正で安心のクオリティは捨てがたい

謎!その2

日本郵便(郵便局)の年賀状作成は、「総合印刷サービス」のページと、はがきデザインキット系からのものと、どっち推しなんだろう。力の入り方からすると、デザインキット系かな。住所録も、前者は「マイ住所録」…これとデザインキットの住所録は異なる。う〜ん、同一組織内の派閥あらそいか!? 

比較の結果、ウェブポで、宛名印刷有りで試してみることにしました。
(宛名印刷をしないなら、富士フイルムね!)


 筆まめからデータをエクスポート/ウェブポで発注


ウェブポは、いろんな手順を、丁寧に記載してくれています。データのインポートについても、
住所の書き出し方法 として、他のソフトでのエクスポート方法についての説明があります。筆まめからは xml形式基本、この通り実施でOK。

また、1枚ずつ、あて先ごとに挨拶文を変更することができる、などの細やかさ。家族4人分の年賀状を無事、発注しました。

出来栄えもなかなかで満足。

ただし、

いくつか「残念」と思う点があり、ウェブポのクラウド住所録をマスターに、とは行かないなと思った次第。その残念ポイント(2017/12/24時点)とは

  • 連名を印刷するか否かの切り替えができない。連名にしない方の名前は、住所録から削除する必要
    (または、インポートする列名を工夫して使い分けが必要) 
  • 会社情報が入っていると、宛名の肩に「社名」が入った社用はがきも生成され、誤って2枚発注してしまいそう。会社情報は削除する必要がある。
  • メールアドレスが入っていると、自動的に「メールアドレスで登録したあて先」が作成される。これ、住所がわからないSNS友達などに、ウェブポが確認とってハガキを出せる機能ですが、住所で登録したものとで、同じ人が重複してリストに載ってしまう。事前に一覧からメールアドレスから生成された方を、削除する必要がある。
  • 「カテゴリ」管理ができない、また、住所録を複数持つことができないので、家族それぞれで別のコンテンツで堕したい時は、住所録を都度、削除登録入れ替えて、実行する必要がある。

→ 印刷はしないけど、DBとして家族情報や、所属会社名を入れておきたい、という使い方がしにくい

  • 年賀を出した/喪中 などの送受信履歴を、サービス画面上では入力管理できるのですが、データをエクスポートするとこの列項目が無い! 

→ 結局、外で管理する必要がある。。。


 マスターの住所録は、結局。。。


 では、と。

カテゴリ分けができて、ウェブポにもはがきデザインキットからの読み込みもできる、ので、これに統合してみる•̀.̫•́✧

と作業トライアル開始。インポートする時に、列名の割当をいちいちするのは面倒なので、デザインキットの列項目順に並び替え、、、しかしここでハタと気づく。

  • 連名が3名までしか、設定できない。。。 我が家のお友達には、三つ子ちゃんはじめ、子沢山しあわせFamilyが多いのです。足りない…

結局は、Excel(Macですので Numbersで)管理するのが一番、という結論になりました。

列項目はウェブポの列名規則にあわせ、履歴やカテゴリなど、ウェブポにないモノもじゃんじゃん増やして利用。

オーダーするときは、カテゴリ毎に絞り込んだりしてCSV書き出し(Shift-JIS)て読み込めばOK!(余分な列は無視されるので大丈夫)


 インポート/エクスポートでハマらないために


ウェブポやはがきデザインキットで、「ファイルが読み込めませんでした。ファイル形式が正しいか、内容に絵文字が含まれていないかをご確認ください。」などと怒られたり、取り込まれた結果が盛大に文字化けしてる、という場合は、以下をお試しあれ。

1.氏名を 姓・名に分ける


筆まめは、姓名ひとつづきになっております。これを分割しておく必要がある。ここはWindows/Excelの出番でございます。

手順:

  1. 「姓名」の右隣に列を挿入
  2. 「姓名」列を全選択しておいて、「データ」→「区切り位置」「カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ」を選択、「次へ」
  3. 「フィールドの区切り文字指定」「スペース」をチェック、「次へ」

すると気持ちよく、右隣の列に、「名前」部分が分けて埋まってくれるのでした。

住所などを、都道府県、住所1 などに分けるときも、お試しを。 

2.mi  形式  CR CRLF変換 (Windows形式に)


一度、Mac上でCSVを開いて閉じて、するだけでも、実は「別物」になっておるのです
(知らなかった無知な私)

そう、改行コードが違うのです!

手順:

  1. 改行コードを変換できるテキストエディタ mi でCSVファイルを開く
  2. 改行コードを「CR+LF」に変換してファイルを保存する

ツールバーにあるので 、CR+LF(Windows)を確認して。

mi(※) https://www.mimikaki.net/

3.ふりがな 半角カタカナを一括全角変換


これも mi ちゃんの出番! 

手順:

  1. 「編集」から「文字種変換」を選択
  2. そこに並ぶメニューから 「半角カナ→全角カナ」

しこしこ、手作業コピペで直すかと思ったところ、気持ちよく成功!

さて、1年後もトラブル無く、年賀状を仕上げられていますように(この投稿を、頻繁に修正しなくていいことを望む…です)

追加 )住所に”-” 注意!


2018.12.28追記です。

ウェブポでNumbersからつくったcsvを宛先として読み込み、表示すると、あらら、、

何枚かのあてさきに ”?” マークが入ってしまう。

ハイフンが文字化けしておるな。半角なの? 全角? 長音? なにかわからないけど。

とりあえず、はてなマークにかわってしまっているもとNumbersファイルの一文字をコピーし、全件検索。あったわ〜ちょろちょろ。 半角のハイフンに変換してOK。 ウェブポは直接、相手先に送ってしまえるので、しっかりと全員分、オーダーの確認画面で、面倒臭がらずにチェックしましょう。   

参考になったらポチリ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です