Calme 素敵な夜@池尻大橋・神泉

 大学時代の同級生の奥様とお友達になって、そのお友だちと、そして、さらにそのお友だちと。Facebookでつながりが連鎖していっての、本日は素敵な「呑み母会」

いっぱいおしゃべり、その楽しい雰囲気を思い出せるようにφ(..)メモメモ。

場所は、神泉から歩いて10分強、池尻大橋の隠れ家のようなレストラン「Calme」さん。

 

1Fにラーメン屋さん。その横の細い階段をあがっていくと、踊り場にはワインがずらっ。18:00ちょっと前に一番乗りで到着です。

 

 Menu Franz Peter Schubert !

流れるように本日のメニューを説明くださり、心地よく聞き流し(すみません、メインは鶏ね、美味しそうな、とか気配だけ吸収の頭で…)

毎月、作曲家へのオマージュをもったコース仕立て、だそうで、シューベルトさん。

 

 

お飲み物はいかがしましょうか。今日のお天気には、ピンクの、こちらが美味しいですよと、もう、おまかせ であります。(あああ、ボトルの写真を撮り忘れた〜)

 

あら不思議。

グラスに注いでいただくと、柔らかい泡がひとすじ、まあるく立ち上る。(真ん中の泡にピントがあってなくて、すみません^^;)

ほんのり、桜色。

 

これとともに出していただいたのが、アミューズ/サブレ・フロマージュ。これ、好みな。チーズの風味 さくさくで、上にブラックペッパー。スパークリングと絶妙。 

昔 ピアノの先生のところで、ロンドンの衛兵さん絵柄の円筒の缶に入ったビスケット?パルメザンチーズクッキー?、忘れられないあの味、その感じ。

 

さて、お次は・・・

ニジマスのマリネ 山菜.

フルーツの爽やかさと、ぜんまい、それらが とろんとした鱒とでキレイ。合わせていただいたのは、Sudtirol Eisacktaler Veltliner 。北イタリアで、ぴりっと冷たい空気の中で、芯のとおったお味ですよと。体幹しっかりしたワインってことね。  

第三の皿は・・・

”仏産白アスパラガスのソテー”

そ、これこれ。チョコレートソース?じゃないよね。 バルサミコソース?

いえいえ。さざえの肝ソース なのだ。白アスパラの上には、大分のほたるいか。春ですね〜

 

 

あわせてやってきたのが、Chardonnay Les Trouillots Pieds Sur Terre Valentin。 ワインはすっきりシャルドネなんですけど、びっくりなのは、グラス。

 

楕円形につぶれた形の、初めて見ました。斜めって出されて、「方向を変えないで、そのまま口にしてくださいね。ボトルからでる前の、そのまんまを、感じてもらえるはず」って。 へぇ〜

家に帰ってしらべてみたら・・・なんと ITSUKIガラスと言うらしい。我が家の第二王子の名前♡ これは Must Buyね。

ライン

どんどん快調に、お料理と、あわせてワインもボトルでいきます、いきます。

 

 やまいもの上に載せたお魚、そのうえに菜の花。

メインは鶏肉なんだけど、中に詰め物をして輪切りにしたものに、春のきのこに泡泡ムースソース。

デザートは、桜餅のような・・・

 

 

これに、お茶 ではなくて、まだまだ飲み足りない 呑み母たちは、赤ワインをいただいたのでありました。

Racines Rosso ピエモンテのこのワインは、とっても個性豊かな。なんというか、大地の香りというか。しっかり楽しませていただきました。

 

ライン

東京都目黒区大橋1-2-5 新村ビル 2F 
[月~金] 18:00~23:30(L.O.22:00)
[土]12:00~15:00(L.O.13:30) 18:00~22:30(L.O.21:30)  
定休日: 日曜

calmeフレンチ / 池尻大橋駅神泉駅駒場東大前駅
夜総合点★★★★ 4.0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です