玉川上水〜ご褒美は温泉!27kmRUN

GO TO トラベル突入も、東京都在住者は(自費でも)なんとなく動いちゃいけない雰囲気の今日このごろ。もう、3密とならない都内を、自分の足で、きょろきょろ回るっきゃ無い。Garminコネクトで、今まで使ってなかった機能=コース作成で、ぽちぽち探しながら、家の近所の10kmちょいを発掘の日々。なんと、コロナ禍で在宅勤務も影響して、梅雨真っ只中なのに7月は、もうちょいで300km 月間走行距離いきそうじゃ!

で、4連休。本当はオリンピック開会式=2020年特別移動した「スポーツの日」には、ちょい知らないところへ遠出してみました。玉川上水をどんどんさかのぼる。羽村取水堰まで、残り6.6kmの、拝島まで 行ってきました!

玉川上水は、羽村から四谷の大木戸まで水をひいた43km。
我が家からは少し北上して、富士見ヶ丘駅の南・中央高速近くで、地上にでるところから入りました(地図①)

いでたちはこんな。背中にはお着替え・お風呂道具。

東八道路をまたいで、むれ橋(どんどん橋ともいうのかな(地図②)から、住宅街の隙間に隠れた道を進むと、先は井の頭公園に出てきます(地図③)。  

この先でやっとコンビニに飛び込み、飲み物GET。三鷹駅をくぐります。

玉川上水脇は、オニユリがいっぱい咲いていました。夏本番です。あと、大きな鯉がいっぱいでした。水分補給と、次男が長年ほったらかしてたプロテインバーで、もぐもぐタイム(うまいことコーティングのチョコ 溶けないのね。でも太りそうじゃ)。

右・小金井公園 このあたりから、五日市街道と並走。車の無い南側へ移動してみます。この少し手前からが、【名勝・小金井桜】。 境橋・くぬぎ橋〜小松橋 約6km。 桜の季節にも是非走ってみよう。(地図④)

名勝 小金井桜の会さんのサイト

http://koganeizakura.com/4koganeisakuranituite/3n.jpg


小金井橋には 通船・船溜まり があったと。
水神社は、地域の安全と繁栄願ってたてられた神社。と〜ってもかわいいミニ神社(地図⑤)。

足元は整備された緑道から、土 そのまま感に。

湿度が高いと、汗が半端ない。500mlのペットボトルも底をついたところで、天国セブンイレブンの看板。身体をクールダウンするには、これが一番!(地図⑥)

一橋大学小平キャンパスあたりが、小金井桜の終点(地図⑦)。

市制50周年事業で、「こだいら名木100選」が指定された、その第4番がそびえてました。ヤマザクラ(地図⑧)

「こもれびの足湯」だれでも利用可能ですって(ペット以外ね)。となりは焼却場。地下水をくみあげて、予熱を利用。 入ってみたかったけど、そしたらここでENDしちゃいそうなので、残念ながら横目でパス(地図⑨)

羽村から引いた多摩川の水を、東村山浄水場へ流して水道水に。いままで走ってきた玉川上水 ここから下流の水は、再生水だったのね。(地図⑩)

そして少し行った先は、玉川上水駅。モノレールの駅もあります。

きれいな広々駅前。でもお店はあまり無さそうです。自由通路の上には、笛を吹く女の子?養成?と鳥さんの像。(地図⑪)

この先の玉川上水、わっと思うくらい、急激に水が美しいし、上流のほうが川幅が広いの。多摩川の水がたっぷり流れているから、なのですね(地図⑫)

アオサギがゆうゆうと水面を歩いていましたが、カメラを向けると、ほどよい距離に颯爽と逃げちゃう。

巣箱は何が入ってるのかな?

ゴルフコース横の、チップ埋め込み道路は、ふかふかだけど、若干 反発が少なすぎて走りにくい^^; あと3km,あと2km,… と声掛けながら、やった〜 我らのGOAL 「湯楽の里」到着!(地図⑬)

湯楽の里・昭島温泉 https://www.yurakirari.com/yura/akishima/spa.html

露天にもいろいろ楽しいお風呂/つぼ湯・うたた寝の湯・かけ流し温泉、
内湯/炭酸湯・シルク湯・ジェットバス RUNの疲れがほぐれます〜

夜、予定があったので(TVアンテナのチェックが入っちゃって)お食事処にはよらずに、帰り道でプシュッ〜 乾杯。

羽村から多摩川をずずっと53km、羽田にむけて走った経験はあるので、次回はぜひ、玉川上水を羽村まで行くかな。そしたら、その先の河部の温泉までね。

—– 走った日: 2020/7/24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です