藤井風さんと●芸術家●考

音楽、声、人となり、聖人かと思う思慮深さと優しさ、そしていろんな意味でのかっこよさ

手の届かない天才の面と、ご近所さん・親戚・いや息子の一人と錯覚するような愛らしい親しみやすさの間で、とにかく「夢中」になってしまう。そんな藤井風さんへの讃歌。しっかりした考察ではなくて、自分用備忘録ですゴメン

ダヴィデ/Michelangelo Buonarroti

ミケランジェロ作;ダヴィデ像

イタリア大好きで、子連れでも何度か訪れておりますが、第一王子が大好きな芸術家が「ミケランジェロ」

ルネッサンスの巨匠 ミケランジェロが26歳の時にオーダーされたのが、このダヴィデ像。フィレンツェのアカデミア美術館にあります。

美しく、凛々しく。フィレンツェの街には、他にレプリカがあって、丘の上のミケランジェロ広場のブロンズ像と、シニョーリア広場(ウフィツィ美術館前)の大理石像。

ダヴィデは、旧約聖書に登場する後に王となる人。「攻めてきた敵に立候補して立ち向かう羊飼いの少年」というのは、風さん信条と重なりませんが(Hurtしちゃいますからね。この像の左手にもっているのも投石機:布)、こんな共通点も。

  • 「竪琴の名手」

【ダヴィデが傍らで竪琴を奏でると、サウル(ダヴィデの人気を妬んで命を狙った初代の王)の心は安まって気分が良くなり、悪霊は彼を離れた】と。ふむふむ。で、なんといっても

  • 「美しい少年」「神の系譜」

ダヴィデの子孫は、ソロモン王、ヨセフ=聖母マリアと結婚、そしてイエス と続くのね。(幼稚園でもらった聖書と園長先生のお話記憶なので、間違ってたらご指摘くださいね) ダヴィデはサウルに替わるべき王として、神に愛され、選ばれるの。さらに

  • 「末っ子」

兄弟は7人(歴代詩。サムエル記だと8人)
風さんは、4人兄弟の末っ子ね。

風さん:ずっずさんと Instagram

もうこのまなざし。しびれます。ダヴィデ似!

左手は石つぶてを握る… ではなくて、マネジャーのずっずさん。… この写真をとってるときの、ビデオがまた、めちゃくちゃ素敵なので、見てね〜  
風さん23歳の秋

ダヴィデ像と風さん、もうひとつの共通点…

ダヴィデ像:
黒目がハート型 なんです!

風さんは、風さんをとりまくスタッフやこうした雑誌やメディア、ファンが、みーんな目が♡になっちゃってますよね。 

ギリシャ彫刻のような外見からダヴィデ像をぱっと想起していたわけですが、その作者との接点を知って、感激したのがこちら。

https://twitter.com/fujiikazestaff/status/1425291107437453312

2021/8/25発売の インターナショナル・メンズ月刊誌 GQ ”Gentlemen’s Quarterly” に風さんが登場

The 21 Most Exciting Young Musicians on Planet Earth

英語版の紹介記事をみて、びっくり。

風さんがミケランジェロの言葉を引用されているんです。

“Let me share my favorite Michelangelo quote: ‘I saw the angel in the marble and carved until I set him free.’ This is the way I like to follow.”

https://www.gq.com/search?q=Fujii+Kaze

風さんが音楽を創造するモチベーション、ありよう。
(雑誌を手に取るのが楽しみです)

ミケランジェロには、他にも風さんと重なる面・言葉が、いくつもあるように思います。もちろん違う面もね。

Michelangelo.vs. 藤井風 

  • M:芸術の神様に愛された人
    風:音楽の神様に愛された人
  • M:13歳で弟子入り、14歳で一人前の画家(メディチ家に招かれ)
    風:12歳からYoutubeで配信開始
  • M:22歳 代表作「ピエタ」の制作依頼
    風:22歳 メジャーデビュー
  • 食生活
    M:チーズ好き。「カッチョッタ・ディ・ウルビーノ」欠品を危惧して羊・農場を借りるほど
    風:「酒もタバコもやらないけれど、チーズハットグはいただくわ」 (FujiiKaze Instagramより)

    M:ラルド・ディ・コロンナータ好き(豚の背脂を塩、ローズマリーなど香辛料で漬けて、大理石の箱で寝かし6ヶ月熟成させた熟成脂)好き。ワインも
    風:ベジタリアン。お酒はNone
    <ここだけは、全然違いますね>
    … 尚、ミケランジェロのライバル? レオナルド・ダ・ヴィンチは、野菜中心(うなぎ、チーズは食べたようなので、ペスコ・タリアン)だったようです。

ミケランジェロの残した言葉も、重ねて感じてしまうのは、私だけかしら?

美は、余分なものの浄化である
/ Beauty is the purgation of superfluities.
私はまだ学び続けている
/ I am still learning.  87歳のときの言葉
私は神の特別な光のなかで生き、そして愛す
/ I live and love in God’s peculiar light.
真の芸術作品は、神が与える完成の影に他ならない

 

私が撮った昔のダヴィデ像写真は、解像度あらあらだったので、以下参考にさせていただきました↓
ダヴィデ像写真・アカデミア美術館参考 https://amazing-trip.xyz/t-blog/accademiamusium-gide/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です