屋久島ウルトラ〜移動・宿&前日観光編

魅力にとりつかれたお友達がいっぱいの屋久島。 同じ時期に開催の、いぶすき菜の花マラソンで鹿児島空港へ行ったときに、「へぇ〜 屋久島にも100kmマラソン あるんだ〜」と、気になっていた大会。

9月のはじめに、JALサイトをみたら、屋久島フライト早割が「残席2席」って出るし〜
呼ばれた〜って、ぽちっ。

大会エントリー完了と同時に、フライト購入。

宿は、シーサイドホテル屋久島。こちらも、大会サイトのリンクからすぐ予約(一般の予約サイトからは、満室と出て不可でした)。 スタート&ゴールはココ なのです。

 

① 1/11 (Sat.)  屋久島入り

連続3日間、朝3:00起きの始まり・はじまり。
屋久島は、思ったよりも飛行機利用で「近い!」

東京(羽田) 6:25発 → 鹿児島 8:25着/8:45発 JAC → 屋久島 9:25着

レンタカーを借りて、島一周ドライブ

ウルトラマラソンと同じコースを、車で走ります。100km、お昼もいれて5時間くらい。

●横河(よっご)渓谷

不思議なエメラルドグリーン! ときおり小雨が降り、陽の光もささない日だったのに、この美しさ。苔のせい?かと首をかしげましたが、水に溶け込んだ硫黄などの微粒子と、光の波長吸収の関係らしい。

夏は、ここで泳ぐんですって、地元の子ども。うちも王子たちが小さい頃に連れてきたら、じゃんじゃん飛び込んでただろうな〜 おっきな岩がごろんごろん

●西部林道(世界自然遺産登録地域)

道も少し狭くなり、人家もお店も無いエリアに入ります。
「車、すれ違いませんように…」とつぶやきながら進みました。結局2台だけ(ホッ)


ヤクシカ&お猿さん。全然、車にも人にも警戒心ゼロ! きょとんとこちらをチラ見。 車の中から、「明日のウルトラマラソン、沿道応援 よろしく〜!」とお願いしておきました。

大川の滝は、大会コース中に寄れるので、お昼直行で開いてた「すし将」さんへ。この日はシケで、地魚がないのだけどいいですかと言われましたが、おいしいおいしい。その後、千尋の滝を訪れて、宮之浦地区にもどりました。

前夜祭

お料理もお酒もいただき、かわいい太鼓の演奏やフラダンス、抽選会などなど。大会前夜、ですが、1時間半以上 大盛りあがり。

③ 1/13(Mon.) 

空港向かいのレンタカー屋さん 駐車場まで送ってもらい、そこで預けてた荷物をうけとって、レンタル品はそのままそこに置いてと、イタレリツクセリ。

隣の宿「まんてん」の立ち寄り湯に行くことも可能で、荷物をみてもらったままいらっしゃる方もありました。

私達は、ガイドさんに「トビウオの燻製 買えるかわいいお土産屋さん」と教えていただいた ぷかり堂さんを楽しんで、帰途につきました。屋久杉のお皿とピアスもGET(*^^*)
ぷかり堂さん https://www.pukarido.com/

屋久島 19:00発 → 鹿児島 19:35着/20:55発 → 東京(羽田) 22:25着

ライン

シーサイドホテル屋久島

宮之浦 (2泊)

住所:鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦1208−9

海をのぞむテラスもあり、おしゃれ。ほとんど部屋にいる時間なかったので、もったいないけど

詳細はこちら

2件のコメント

  1. 純子さん凄いなぁ。
    ウルトラ翌日に石のようになっていた私からすると、朝起きるだけでも至難の技なのに、22kmのトレッキングって
    景色や動物に癒されますね〜。屋久島は行ったことないので観光でいいので行ってみたいなぁ。そこには、違う空間が流れていそうですね(^^)

    1. >なおみさん
       東京を発つ日、ウルトラ当日、トレッキング、3日連続で朝3:00起き だったのが、一番たいへんだったかも、本当に。 あと、ご褒美ごはん&呑み ができないのも(ウルトラの夜も、宿でお弁当、 トレッキングは朝・昼お弁当。美味しいけどね)ちょっぴり残念。はじめての屋久島だったので、欲張りすぎですね。次回は少し余裕をもって、まったり過ごす時間も取れるようにしたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です