ナミビアでチータと戯れる~Hammerstein

2016/9月

アフリカ南部への旅、初日のホテルは、ナミブ砂漠観光の拠点 セスリウムにあるハマースタイン・ロッジ。 当初希望した ナミブデザートロッジが5月の段階で満室で、代わりにとったところでしたが、びっくり!良かった。

ホテル案内には、<ナウクルフト国立公園入り口まで車で約1時間。広大な敷地内にてスプリングボックを買っています。> とありましたが、そんなもんじゃ無い、ですの(^^)

ウィントフック・ホセア・クタコ国際空港から約400km。 ナミビアをずっと回ってくれるガイド兼ドライバーさんが、お昼到着の私達を、空港にお迎えに来てくれて、途中 巨石ポイントや鳥の巣みながらのドライブ。ハマースタインロッジに到着したのは、16:30頃だったかな。

ロビー横には暖炉。

チェックインすると、

『チーター、見に行きます?』 

ん?はい?!もちろん!!


どこに行くのかな〜、また車にのるのかな〜 『カメラだけ持って行きましょう』と歩きだす広い敷地・お庭

At own your RISK !!

なに起こっても責任おわないよって、海外 よくいうよね、これ。
ドレッドヘアのお兄さんが、このドアをあけて連れて回ってくれます。ただし、このヒョウ君のところだけは「入ったら食べられちゃうよ( ̄ー ̄)」とSTOP。

さて、ここはどうぞと招き入れてもらったところに、あ!チーター。

そう、な・な・なんと チータとお友達になれるのです。

チーターと
すりすり(でも、口の周りに血が・・・)

毛並みは、結構かたい。そして、完璧なボディー。ゆったりと遊んでくれたあと、悠然と夕日の中をお散歩。ガイドしてくれたお兄さんと、その後をゆったりついて歩く。

チーターって、人に懐くんですね

夕食はバイキング
夕食はバイキング

ロッジは、tripleが埋まっていて、「3人でツインにエクストラベッド、入れてだと、少し狭いかも」ということで2部屋とったのですが、どうしてどうして。とても広い。結局、シャワー使うときだけ二部屋使い、一部屋でほぼ過ごすことに。

夕食のバイキング、オリックスの肉団子もナカナカ美味しい。スタッフが輪になってダンスも披露してくれて、楽しい夕べでした。

翌朝は、夜明けまえにナミブ砂漠へ出発です。

宿泊: 2016/9/11 – 9/12


Information

Hammerstein Farm Lodge

PO Box 250, Maltahohe, Sesriem, Namibia
TEL 264-63-693111 FAX 264-63-693112

HPはこちら : https://hammersteinlodge.com/

参考になったらポチリ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。