魅力満喫!雨の西表島

石垣島ウルトラマラソンを走った翌日、西表島にわたって「1日コースピナイサーラの滝上&滝壷」。ガイドさんと私たちふたり・プライベートツアーです。

本当は上原港からアクセスなのですが、この日、石垣島から上原港行きのフェリーは欠航となったので、大原港行きに乗船して、無料送迎バスで上原港へと送迎してくれます。石垣島7:00分発大原港行きに乗船。

お世話になったのは、西表島カヌーツアーのんぷら(公式HP) とっても安心丁寧・満足度1000%!


 カヌーで滝 アプローチ

防水バッグやフェルト底の沢登り用?靴をはいて準備(レンタル付きです)。水着の上に長袖・ロンタイを履いても、雨で少し寒い。ヤッケも貸してもらって出発!

海からの流れとぶつかる間のマーレ川は、ちょっとシーカヤックちっくでしたが、カーブを曲がれば、マングローブに守られて、川は穏やか。 マングローブだって本当は真水のところがいいのだけど、他の陸上樹木に負けちゃうエリアを避けて、海水域で頑張ってそだってるお話。けなげじゃなあ。めずらしい鳥さんも教えてもらいながら(でも、名前をすぐ忘れる、私)。

カヌーで4kmくらいかな。そこからトレッキング。写真でみると穏やかそうですが、ずっと雨が降り続いた5月で水量もあがり、沢登りのような感じで足元濡らしながらのぼります。すっかりかくれんぼできそうな、板状の根っこが迫力の木は、サキシマスオウの木。


 滝壺は台風中継並み

滝の上まで行く予定のツアーだったのですが、いや、今日は足をすべらせて50m滑落、となりそうな状況なので、安全第一、滝壺まで。それでも こんな感じよ〜

ゴーゴーと落ちる水量。ピナイサーラの滝でもなかなか、珍しい迫力だとか。普通は歩いて熱くなった身体を冷やすのに、じゃぶんと泳ぐ!気持ちよさげ、となるはずですが、水着ももちろん着てきましたが、いや〜私たちだけでなく、すれ違った他の方たちの中にも、水に入るツワモノはいませんでした(写真のためにちょっと、浸かりに行ったのみ)


 自然観測 たっぷり

カヌーに乗り込む前に、可愛い子。

イブシキマワリ?(もどってから画像検索。あってるかなあ・・・) 人間をみるとしゅっと隠れる恥ずかしがり屋さん。

かくれんぼしている恥ずかしがり屋さんがここにも。
木の俣に、上手に快適 プール付き一戸建て生活をしているカニさん ↓ お名前は??

まいまいもかわいい!

ガイドさんは生き物博士
「西表島は、なんでも日本一。日本一小さいか、日本一大きいか(*^^*)」

ひだりのマイマイは、平べったくて、周りに毛が生えてる「クロイワオオケマイマイ」 ケマイマイで日本最大。
そして右は、「アオミオカタニシ」 きれいなグリーンで顔をだしたところが可愛い。

この貝、ヤエヤマヒルギシジミ。最大のしじみ! 泥の中ですごして栄養をとるので、泥臭いんですって。あと中身はちっちゃめだけど、しっかり泥抜きすれば美味しい、とのこと。博士、食すのもためしてて、楽しい。


 洞窟探検

瀧上にいく代わりに、自然の鍾乳洞へ。

こんなところから入るの?という場所から、踏み入れたブッシュ。それほど深く感じないけど、どこも同じように見えるし、GPSが届かなくなるのでガイドさんがいないと無理ですね、これは。

洞窟の中は、まったく光が入らないので、ヘッドライトだけが頼り。ぎゃぎゃ!っていう大きなカマドウマとか、インディアナ・ジョーンズの世界 みたいなものも、ふと振り返る と ヒェ〜!Σ (  Д )ﻌﻌﻌﻌ⊙ ⊙ って声出る系の生き物もいっぱいよん。お写真は暗いのでありません(ホッとした?)

エキサイティングな時間を過ごし、のんぷらさんのとても綺麗なシャワー・レストルームで、めっちゃくちゃ美味しい八重山そばをご馳走になりました。

西表島に宿泊もぜひしたい…また、絶対来ます!太陽燦燦、エメラルドグリーンの海川山も観たいしね(日焼け対策はバッチリしてね〜)

—– 2022/5/16(月) 訪問

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。