天国の洞窟 圧巻/フォンニャ・ケバン

天国の洞窟 パラダイスケーブ(Hang Thiên Đường )は、全長31kmのうち、1kmが歩いて回れるように公開、その先 7kmまでは、装備をしてレンジャーと一緒にカヌーで渡ることができるツアーもあるそうです。

洞窟入り口までは、遊歩道をWalk または、電気自動車で。私たちはもちろん歩く。

このあと、洞窟の入り口まで、524段の階段が待ち構えます。まあ、それほどキツイわけではないのですが、ゆる〜りゆる〜りと、苦しげに登る男性達。

これは何?大きな板を3枚も。何かのトレーニング? 
あとで洞窟内を歩いてわかりました。木道の素材です。常に補修するために、材料を背負って上って整備しているのですね。お疲れさまです。


汗だくで階段を昇りきると、す〜っと冷たい空気が吹き出る、入り口。早く入りたい〜。 富士山の近くの 氷穴・風穴を思い出す。

想像していたスケールと、全然ちがいます。ものすごく広い空間に、従来のイメージと全然大きさの違う 巨大な建造物のような。地下の王宮。

ガイドさんが車の中で、”Have you ever been to the limestone cave? But you’ve never seen anything like that.Never!”って笑ってたけど、そのとおり。

石筍:せきじゅん、というのね。ぽとぽとと落下した石灰分の水滴が積み重なって、こんなでっかくなるなんて。いったい何年かかるのでしょう。数千年?数万年?

1kmの距離を折り返す洞窟の中に、石筍、天井からの つらら鍾乳石、そしてつながっての石柱が、どんどんと現れます。

ごつごつした感じでもあり、とても繊細な造形でもあり。

このパラダイスケーブは、調査隊が思わず「天国のような美しさ」とつぶやいたことから、名付けられたのだそうです。うんうん。

神々しさがあり、はたまた「天国」というよりちょっと、「地獄」といったおどろおどろしい場所もあったり。ヴァチカンのシスティーナ礼拝堂・ミケランジェロの最後の審判を見ているような気持ち、になります。

名前のついた 石筍・鍾乳石もあり、ところどころプレートが立っています。

「小人さんのお家? NGÔI NHÀ RỘNG」

よそのツアーガイドさんが、みんなに このポーズさせて写真をパチリ。 便乗して、私たちも撮ってもらいました。

意味わからず、なんなんだろうね〜 なんて言いながら。この壺と棒?ストロー?

この後ろの石筍は、
「少数民族の高床式住居」と名付けられたモノ だったよう。

「THÁP LIÊN HOA  お花のタワー」

ホアホア、重なり合った花びらが積み重なったような塔。後ろのつらら石が、舞台の緞帳のようです。このほかにも、「筆塔」「月のウサギ」「チャンパ塔」などなど。

照明が控えめで絶妙、複雑な色合いを自然に伝えてくれます。

洞窟の幅 30〜100m、広場だと150m。 天井までの高さは最大80mもあって、20階だてのタワーマンションが入っちゃう。
写真では、どうしたって伝わらないので、是非ぜ〜ひ 旅程に組み込むことを、強くオススメします!!!!

—– 2019/8/4 訪問 日程表と旅計画はこちら☆

是非、参考に!行ってみて!!
参考になったらポチリ!
 
 
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 人気ブログランキングへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です